Sレッスンの口コミ!子供向けオンライン英会話の評判や料金は?

Sレッスンの口コミ!子供(5歳)が体験!の説明画像

小学校の英語科目が必修化したり、企業で社内公用語を英語にするところがでてきたり、英語が必要とされている環境はどんどん増えています。

将来のために子供に英語を身につけてほしいと思っている親御さんも多いと思いますが、沢山の英会話スクールがあって迷ってしまいますよね。

今回は子供(5歳)のSレッスンの無料体験レッスン2回を通じて見えてきた、メリットやデメリット、口コミや特徴などを、実際の体験談をもとにお伝えします。

結論からいうとSレッスンは他のオンライン英会話スクールと比べて少し値段が割高です。

ですが発音・表現をしっかり習いたいたいならネイティブ講師に、文法説明なら日本人講師に…など、幅広い目的・レベルに対応可能な質の良いスクールであると感じました。

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

合わせて読みたい

子供におすすめのオンライン英会話スクール6選!の記事では、子供にオススメなオンライン英会話を紹介していますので、こちらも合わせて参考にしてください。

Sレッスンの基本情報・料金システム・コースを口コミ!

まずはSレッスンの基本情報・料金システム・コースなどを口コミします。

ママ
ママ

Sレッスンは料金システムに特徴がありますよ。

Sレッスンの基本情報

月額料金・ポイント3,300円・3,100ポイント
6,600円・6,200ポイント
8,800円・8,300ポイント
16,500円・15,500ポイント
22,000円・20,700ポイント
※税込み
スポット料金・ポイント2,420円・2,000ポイント
6,050円・5,000ポイント
12,100円・10,000ポイント
24,200円・20,000ポイント
※税込み
ポイント/1レッスン500ポイント~2100ポイント ※2021年5月現在
レッスン時間25分 ※実質22分
レッスン受講時間24時間 ※深夜早朝のレッスンはほとんどなし
レッスン予約可能回数無制限
レッスン予約最終ポイント購入日(決済日)より60日先から180分前まで
キャンセル6時間前まで
対象年齢3歳~13歳
※オプションとして中学・高校英文法コースなどもあり
家族アカウントなし
教材オリジナル教材・市販教材

Sレッスンはポイント制を採用しています。

ポイントを購入することで、コースの予約などができるようになります。

Sレッスンはレッスン予約にポイントを使う

Sレッスンの料金システム・ポイント詳細

Sレッスンのポイント購入システムは、とてもユニークです。

ポイント購入は月謝制とスポット制の2種類

まずポイントの購入ですが、月謝制とスポット制の2種類から選べます。

月謝制は毎月継続的にレッスンを受けたい方向けのプランです。

毎月プランごとの月謝が自動決済され、プランごとのポイントが付与されます。

1ヶ月に必要だと思われるポイントを購入して、次回決済日までにポイントが足りなくなればまた追加で購入する形になります。

パパ
パパ

未使用分のポイントは翌月に繰り越されますよ

スポット制は好きなときに好きな回数を受けたい人向けのプランで、自分が必要なポイントをその都度買う形です。

ポイントの有効期限は60日です。

ママ
ママ

有効期限までに再度ポイントを購入すると、その日からさらに有効期限が60日延長されます。

1レッスンあたりの料金は先生次第

Sレッスンは先生によって1レッスンあたりのポイント数がかわる、ユニークなシステムを採用しています。

まず先生には4ランクあります。

New(Sレッスンでのレッスン回数が20未満の新着講師) 500~1200ポイント/レッスン

Experienced(レッスン数が20以上100未満の講師) 800~1800ポイント/レッスン

Popular(レッスン数が100以上の人気講師) 900~2000ポイント/レッスン

Expert(レッスン数が3000以上のベテラン講師) 1900~2100ポイント/レッスン

※2021年5月現在

基本的にはnew→expertに向かって必要コイン数が多くなっていきますが、必ずしも先生のランクと必要コイン数が比例しているわけではありません。

またNewの一番安い先生で500ポイント・Expertの一番高い先生で2100ポイントと、かなりの差があります。

パパ
パパ

「いい先生を選ぶ」だけではなく、コストと先生の質のバランスを考える必要もあり、Sレッスンの先生選びはちょっと複雑です。

ポイントで教科書を購入する

オンライン英会話といえば画面上で教科書が表示され、それを利用して勉強することがほとんどです。

Sレッスンも基本的には画面上で教科書が表示されますが、教科書購入が推奨されているコースもあります。

ポイントを使用し、オンライン上で教科書を購入することもできます。

ママ
ママ

あくまで購入は任意ですよ。

また授業中に使用するフラッシュカードなど一部教材はPDFで無料ダウンロードでき、印刷して利用できますよ。

Sレッスン・フラッシュカード

Sレッスンのコース詳細

Sレッスンにはグループレッスンとプライベートレッスンの2種類があります。

プライベートレッスン                     グループレッスン
レッスン時間            25分50分
スケジュール     自由
※要予約
固定
※予約不要
特徴     ・発話量が多い
・自分のペースですすめられる
・年間カリキュラムにそってすすむので、レッスン進度が個人の能力に左右されない
・同じレベルの子と学ぶので、良い刺激になる

またプライベートレッスンは、さらに3つのコースがあります。

1)レギュラーコース

Sレッスンの基本となるコースです。

全部で10段階にレベルがわけられています。

Sレッスン・レベル

長期的なカリキュラムに基づきレベルアップを目指すコースです。

パパ
パパ

どのレベルから始めてよいかわからない人は、無料のレベルチェック・学習カウンセリングを受けて決めることができます。

2)mpiコース

mpiコースとは、mpiメソッドと呼ばれる方法で学習するコースです。

mpiメソッドは、「日本語を使わずに英語だけでレッスンを行う」ことを基本としており、「歌、チャンツ、リズム」「絵本、多読教材」「会話、自己表現、文法」「フォニックス」の4つのジャンルを組み合わせて学習していきます。

9年間の一貫カリキュラムで「15歳で世界の同世代とコミュニケーションがとれること」を最終目的にしています。

3)おまかせコース

希望する内容を単発・または継続的にレッスンできるコースです。

英検対策に集中したい、TOEICの点数を上げたいなど、特定の目的を持つ場合にはこのコースを受講することになります。

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

Sレッスンの口コミ(娘5歳)の体験談!

私の娘は5歳で、英会話はおろかアルファベットがなんとか読めるレベルです。

誰にでも物怖じせず元気に発言できますが、集中力はあまりありません。

そんな娘がSレッスンの無料体験レッスンを2回受けた時の様子をご紹介します。

ママ
ママ

先生によって英語レベルが結構違うなと感じました。

Sレッスン・講師の予約

さて、Sレッスンで講師を予約してみましょう。

日程から選びたい人は「日程から予約」、講師から選びたい人は「講師から予約」ボタンをおします。

今回は日程から予約してみました。

Sレッスン・予約画面1

「日程から予約」をクリックするとカレンダーが表示されます。

希望する日をクリックすると以下のような画面に移ります。

Sレッスン・予約画面2

予約可能な先生一覧と、その先生を予約するのに必要なポイントが確認できます。

「予約する」ボタンを押すと、先生の簡単な自己紹介をみることもできますよ。

※「予約する」ボタンを押しただけでは予約は入りません。

ママ
ママ

講師が実際に英語をしゃべっている様子などは「日程から予約」画面からは見られず、「先生紹介」か「講師から予約」画面にきりかえる必要があります。

この点は少し使い勝手が悪いと思いました。

気に入った先生がいたら、「予約する」ボタン後の予約確認画面で予約を確定します。

講師の詳細を知りたい、また気に入った講師がいてその先生のレッスンを取りたい場合は、「講師から予約」画面から確認します。

Sレッスン・講師紹介画面

「詳細を見る」をクリックすると、その先生の自己紹介や実際に英語をしゃべっている様子を確認することができます。

Sレッスンのレッスンの様子

ここからは実際のレッスンの様子です。

プライベートレッスンのレギュラーコース・Level1を受講しました。

レッスンにはSkypeが必要

※グループレッスンの場合はZoomを使用

レッスン5分くらい前になったらSkypeを立ち上げて、先生からのコンタクトをまちます。

パパ
パパ

ポイントによる先生の違いを知りたかったので、1人目は500ポイントの日本人講師、2人目は1500ポイントのネイティブ講師を選びました。

Sレッスン・レッスン画面

先生「Good morning!」

娘「こんにちは」

先生「What’s your name?」

娘「〇〇だよ!」

授業の最初は、相手が誰であろうと日本語で返す娘(笑)

明るい感じの先生でリラックスできたようです。

少し雑談をしたあとは授業に入ります。

先生「(アルファベットをさしながら)What’s this?」

娘「B!」

先生「Yes!so….(絵をさしながら)What’s this?」

娘「Banana!」

先生「It’s a banana」

娘「Banana!」

先生「No…It’s ….It’s….It’s a banana」

娘「It’s banana!」

先生「It’s A banana」

娘「It’s a banana!」

Sレッスンの教え方の特徴として、上記のような「文章で答える」ことへのフォーカスがあげられます。

日本人講師もネイティブ講師も、この点は非常に徹底していました。

単語ではなく生徒が文章で答えられるまで、何度も何度もリピートします。

あーちゃん
あーちゃん

歌を歌ったり、楽しい授業だったよ!

レッスンが終わった後は、Skypeの方にメッセージが、レッスン進行表にはその日のレッスンで学んだことや様子が送られてきます。

Sレッスン・レッスン進行表

必要ポイントの違いによる、講師の質の差について

Sレッスンでは講師の経験などにより、講師ごとに1レッスンの必要ポイントが違います。

ポイントの差は、講師の質の差と比例するのでしょうか?

答えはYesです。

1回目を500ポイントの新人日本人講師、2回目を1500ポイントのExperiencedのネイティブ講師を選択しましたが、英語レベルと経験値はやはり差を感じました。

2人とも

・文で回答させる

・生徒からも質問させる

というSレッスンらしい教え方を徹底していましたが、発音の美しさやスムーズさ、生徒からの回答の導き方に経験の差がみえました。

ママ
ママ

Sレッスンは指導経験が1年以上ある講師のみを採用しており、全体的に講師の質が良いです。

経験の多い先生と比べると回答の導き方などの違いが気になっただけで、新人の先生もとても良い先生でした。

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

Sレッスンのデメリット

Sレッスンは講師の質もよく優れたオンライン英会話学校ですが、いくつかデメリットもあります。

予約が取りづらい

所属講師が少ないSレッスンですが、講師を選ばなければ誰かしら予約できる講師がいます。

ですがSレッスンの場合、講師により必要ポイントが違うのもあり、誰でも良いというわけにはいきません。

講師紹介で必要ポイントとのバランスが良さそうだと思った先生は、やはり予約が取りづらいです。

VIP予約優先券

人気講師の予約取りづらさを解消するために、VIP予約優先券があります。

VIP予約優先券は、講師が翌月のレッスン時間を公開する前に、希望の時間枠を優先的におさえる券です。

5回で2750円(税込み)、有効期限はチケット購入後6ケ月間

もう1つの予約関係の問題は、月末近くにならないと翌月の予約ができないケースが多いことです。

システム上は最終ポイント購入日(決済日)より60日先まで予約が可能ですが、実際は先生がスケジュールを公開するまでは予約をいれることができません。

沢山の先生が月末近くに翌月のスケジュールを公開しますので、それまでは翌月の予約が入れられないということがあります。

ネイティブ講師は少ない

講師を「ネイティブ講師」と「日本人講師」にわけていますが、その境目があいまいです。

13歳からアメリカに住むフィンランド人の先生や、日本に住むフィリピン人の先生がネイティブに分類されていたり、日本国籍でない人は全員ネイティブと分類されているようです。

英語の先生として大事なことは、英語レベルが高くしっかり教えられることですから、ネイティブではないことが悪いというわけではありません。

ただそういった先生を「ネイティブ」と分類することは、どうなのかな…と感じてしまいました。

値段がちょっと高め

先生のランクがNEWで最も安いレッスンであれば、500ポイントで受講可能です。

ですが殆どの先生は1レッスン1000ポイント以上、人気講師は2000ポイント近く必要です。

週1レッスンで3000円台の月謝のスクールも多い中、少し高いと感じました。

パパ
パパ

任意ですが教材の購入や、VIP予約優先権の購入などがあることを考えると、レッスン代以外にもお金がかかってくるので、さらに割高になりますね。

Sレッスンの実質のレッスン時間は「22分」

Sレッスンのレッスン時間は、他のほとんどのオンライン英会話スクールと同じように25分で設定されています。

ただし最後の3分は先生がレッスンの進捗を書き込む時間になっているので、実際に生徒がうける授業時間は22分です。

ママ
ママ

たった3分の違いですが、月単位や年単位で見ると結構違いがでてきます。

この点でも、他校より割高感がありますね。

Sレッスンのメリット

Sレッスンのデメリットをみてきましたが、ここからはメリットです。

Sレッスンは、デメリットよりメリットの方が大きいスクールだと感じました。

多国籍の講師、講師のレベルがはっきりわかる

Sレッスンは、ネイティブ講師だけ・日本人講師だけ・フィリピン人講師だけではなく、さまざまな国から講師が集まっています。

文法は日本人講師から、発音はネイティブ講師からなど使い分けが可能です。

またSレッスンでの授業数によりランクわけされているので、その先生の講師としての経験値がわかります。

グループレッスンがある

Sレッスンはマンツーマンレッスンだけではなく、グループレッスンもあります。

グループレッスンはレッスン時間が1レッスン50分と長く、同レベルの子供と一緒に学ぶことでよい刺激がもらえます。

また時間が固定されているので、予約を毎回いれる必要もありません。

パパ
パパ

Sレッスンではグループレッスン基本にし、足りないところをプライベートレッスンで補う履修方法をおすすめしています。

グループレッスンは以下のようなクラスが開講しています。

Sレッスン・グループレッスン

学習カウンセラーがいる

Sレッスンには、日本語で相談できる学習カウンセラーがいます。

英語レベルのチェックだけではなく、学習相談にものってもらうこともできます。

多くのオンライン英会話スクールが、進捗状況など受講者に任せっぱなしなのに比べ、Sレッスンは不安や不満をちゃんと相談できるところがありますよ。

Sレッスン・学習カウンセラー

フレキシブルな料金プラン

Sレッスンの料金システムはとてもユニークです。

スポット制と月謝制を併用することにより、月額制でポイントが余ってしまったり足りなくなってしまっても、スポット制に切り替えポイントを調整することにより、無駄なくポイントを手に入れることができます。

細かいレベル分け・しっかりしたカリキュラム

Sレッスンのレギュラーコースは10段階にレベルがわかれており、レッスンもそれを一段一段しっかり消化していくかたちです。

自分のレベルにあった内容を、「書く」「読む」「聞く」「話す」の4方面からバランスよく学ぶことができます。

ママ
ママ

「レベル3から4にあがった!」など、英語レベルの進捗が可視化できて

モチベーションにもつながりますね。

子供にあった英会話レッスンを組み立てられる

予約確定後、「レッスン確認」欄から先生にメッセージを送ることが出来ます。

レッスン前にレッスンで希望すること(歌を多くしてほしい、発音をしっかり訂正してほしいなど)を伝えておけるので、25分の授業を自分好みに組み立てられます。

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

Sレッスンちまたの口コミ

実際にSレッスンを受講されている人は、どのような感想をもっているのでしょうか?

Sレッスンの悪い口コミ

悪い口コミ
悪い口コミ

ポイントの有効期限は1ヶ月で、追加ポイント購入すると、その時点からまた有効期限が1ヶ月延長されます。よって、最低でも1ヶ月に1回はポイントを購入しなければならず、うまく回さないとどんどんポイントがたまってしまいます。また、辞める時に、ぴったりポイントを使いきることが難しく、少し損した気分になりそうです

英語ひろば:https://eigohiroba.jp/review/37702

Sレッスンは、講師によって受講に必要なポイントが違います。

1200ポイントだったり900ポイントだったりするので、毎月ポイントを全て消化するのはとても難しいです。

ポイント自体は最終ポイント購入日から60日間有効ですから継続していく分には問題ないですが、少し長い間休会したいときなどポイントが使いきれないということは多いと思います。

Sレッスンの良い口コミ

良い口コミ
良い口コミ

今まで利用した大手オンライン英会話とは違い、子供英会話に特化していて、さらに講師陣もスキルが高いので、始めて間もないですが、成果が見えます。アウトプットを大切にしているので簡単な文章ですが、幼稚園児の娘も言えるようになりました。

英語ひろば:https://eigohiroba.jp/review/42379
良い口コミ
良い口コミ

娘の英検一級の二次試験の面接模擬試験をお願いしました。日本人の先生でしたが、発音、文法は勿論問題なく、面接に向けて色々なアドバイスと自信をつけて頂き、大変満足です。ネイティブの先生と迷いましたが、英語で全て教えて頂き、良かったです。

先生を勧めてくれた事務局の方の的確なアドバイスもありがたかったです。

英語ひろば:https://eigohiroba.jp/review/36773

オンライン英会話スクールの中には子供の受講も可能とうたっていながら、実際は講師が子供になれていないケースもあります。

Sレッスンは子供に特化していますから講師も子供の扱いが上手ですし、最低でも1年間の指導歴がある講師ばかりですから小さな子供でも安心して受講できます。

またSレッスンは「文章で話す」「質問する」ということを徹底していますから、子供英語にありがちな単語だけの発話ではなく文章を組み立てる力がつきます

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

Sレッスンがおすすめな人

Sレッスンは講師の質も高く、カリキュラムもしっかりした優秀なオンライン英会話スクールですが、特に以下にあてはまる人におすすめできます。

  1. グループレッスンも受けたい人
  2. さまざまな国の講師からレッスンを受けたい人
  3. レッスンを沢山受けられる時、そうじゃない時の波がある人

まずSレッスンでは、グループレッスンとプライベートレッスンを並行してうけることができます。

グループレッスンでインプット、プライベートレッスンでアウトプットにフォーカスするなど使い分けができますね。

また、日本語を扱える先生が比較的多いので、ネイティブ講師で上手くいかなかった子も安心して受講できるシステムです。

Sレッスンはポイント制で、長期旅行などであまりレッスンが受けられない月があったとしても、翌月多く受講できますし、無駄がありません。

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

Sレッスンには無料レッスンがある

Sレッスンには無料体験レッスンがあります。

メールアドレスや名前などを登録するだけで2000ポイント付与され、1~4レッスン受講できます。

もう少し沢山レッスンを受けてから定期的に受講するか決めたいという人には、スポット制でポイントを購入してレッスン受講する方法もありますね。

ママ
ママ

入会金もなく2,420円で2,000ポイント買えますので、気軽に始めることができますよ。

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

Sレッスンは他社とくらべてどう?

先ほども書きましたが、Sレッスンは「文章で回答させる」「生徒からも質問させる」ということを徹底しています。

ですから他社に比べ、コミュニケーション能力や文章を組み立てる力がつきます。

パパ
パパ

長期受講を念頭においてカリキュラムがくまれています。

続けていけば確実に英語力がつくと感じました。

まとめ

Sレッスンは他のオンライン英会話スクールに比べて高いですが、その分講師の質やカリキュラムなど内容が充実しています。

また英検対策に特化したい、スピーキングにフォーカスしたいなど、自分の希望するレッスンをつくることもできます。

ポイント制+先生ごとに受講に必要なポイントが違うユニークなシステムは、好き嫌いがわかれると思うので、実際に無料体験レッスンを受講してみることをおすすめします。

合わせて読みたい

子供におすすめのオンライン英会話スクール6選!の記事では、子供にオススメなオンライン英会話を紹介していますので、こちらも合わせて参考にしてください。

\公式サイトを見てみる/

無料体験はこちら!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました